知っ得情報

生前契約のしくみをご紹介

自分が死んだあと、自分らしい葬儀をしたい、葬儀や事務処理のことで残される家族に
迷惑をかけたくないと思う方々が、生前契約に注目しています。

生前契約とは

  • 本人の死後に発生する葬儀や事務処理について、葬儀社や行政書士事務所などと事前契約することです。
  • 内容は勿論、代金や支払い方法も決めておく必要があります。
  • 契約にあたっては、死んだ後の事になるため、家族が共同で契約するなどの対策を講じましょう。
   

※財産分与の取り決めなどについては公正証書としての遺言書が必要になります。

生前契約の一例

死後の葬儀について

自分らしい葬儀
自分らしい葬儀

事前に葬儀内容と喪主(法廷相続人など)を決め、生前契約の仕組みを持った葬儀社と契約し代金の支払い手続きをしておきます。葬儀内容の変更や解約ができる、費用を預ける信託方式をとるなど"安心して契約できる葬儀社"を選ぶことが大切です。

死後の事務処理について  ※財産については遺言書

死後の事務処理
死後の事務処理

病気などで判断力を失う状態に備えた「任意後見人契約」、様々な事情で死亡届の提出や医療費精算、葬儀実行などの死後の事務を頼む人がいない場合に備える「死後事務委任契約」などがあります。お近くの行政書士事務所など専門家に問い合せましょう。