お墓のスタイル

一般墓・永代供養・樹木葬・納骨堂・ペット墓

お墓は人類の長い歴史において、その不変性ゆえに石が使われ、それぞれの文化の中で形作られてきました。
近代以降の日本では「家」を最小単位としてきた時代が長く、現在まで「家」としてのお墓が中心です。
しかし社会構造の変化により夫婦墓や個人墓も一般的になりつつあります。
*夫婦墓や個人墓の多くは期限付き墓地と呼ばれ一定期間を経過した後、合祀墓に移され永代供養されます。

一般のお墓

  • 和型墓石

    和型墓石

    お釈迦様の遺骨を納めた仏舎利塔が原型と言われておりますが日本独特の形となって耐震性の向上など進化を続けています。

  • 洋型墓石

    洋型墓石

    近年人気の形。現在、建墓の大半が洋型になっています。

  • 個人墓 夫婦墓

    個人墓 夫婦墓

    夫婦や個人のお墓として建立される比較的小さなお墓です。期限付きで合祀されるタイプが多くみられます。

  • デザイン墓石

    デザイン墓石

    石材加工技術の進歩が貢献しオリジナリティーの高い様々な形が誕生しています。