墓じまい・改葬

墓石撤去やお墓の移転

墓じまい・改葬のご説明

墓じまい・改葬を行う理由
家族のお墓を守っていく後継者がいない場合や、遠隔地にあるお墓を現在の住居の近くに移すためなどの理由で…現在のお墓を撤去することを「墓じまい」と呼んでいます。
現在のお墓はなくなりますから、収められている「お骨の行き先」を決めておかなくてはなりません。
特に後継者がない場合のお骨の移転先は、寺院の永代供養墓など将来にわたって安心して供養ができ且つ納骨後の「管理費」や「維持費」がかからないものを選ぶ必要があります。
現在の墓に埋葬されていおるお骨を別のお墓に移すことを「改葬」言います。
墓じまいを行う場合も、お骨を別の墓地に移し埋葬する場合(永代供養墓を含む)は、「改葬」にあたります。(同じ寺院内の永代供養墓に移す場合は改葬にあたらない)

墓じまい、改葬を行う上でのポイント

  • 事前に家族、親類の間で十分に話し合って「事後トラブル」を防ぎましょう。
  • 墓じまい、改葬を行うには時間と費用がかかります。現在のお寺や霊園、移転先のお寺や霊園、石材店などと事前に十分に話し合って進めましょう。

*墓地に埋葬されたお骨の取扱いは「墓地、埋葬等に関する法律」で定められています。

「墓じまい」の手順(一般的な例です。)
  1. 祭祀継承の対象者とよく話し合う。
    法律上の決まりはないが家族や親せきの間でよく話し合い「墓じまい」を決める。
  2. 現在のお墓に収容されているお骨の行き先を確保します。
    遺骨(壺)の数、破損・汚損などの状態も確認しておきたい(受入証明書を発行してもらう)。
  3. 現在の墓地管理者に墓じまいすることを伝えます(埋蔵証明書を発行してもらう)。
    お寺の場合はこれまでのお礼としてお布施をするなどの配慮が大切。 高額の離檀料を請求されることは稀で、万一請求があった場合は自治体などに相談する。
  4. 行政手続きを行う(流れは次項でご案内)
    現在の墓地を管轄する市区町村で「改葬許可申請」を行い、受入証明書と埋蔵証明書をそえて改葬許可証を発行してもらう。 自宅供養の場合でも改葬手続きは必要。散骨する場合は許可されない自治体もあるので 事前に自治体への確認が必要。
  5. 墓を撤去し整地する専門業者(石材店)を決めます。
    現在の墓地管理者が業者を指定する場合があるので事前に確認しておく必要がある。
  6. お墓の「閉眼供養」を行い墓石を撤去し処分。遺骨を取り出します。
    お骨の取り出しとお手入れは多くの場合、石材店が行う。
  7. 遺骨を移送し新しい納骨先に収容する。
    新たに墓石を建立する場合は墓石の「開眼供養」や納骨法要を行う場合が多い。

「墓じまい・改葬」の行政手続きと手順(一般的な例です)

手続きの流れ

※改葬許可申請の様式は「埋蔵証明」と「受け入れ証明」が一体となっているものがあるなど、自治体によって異なります。改葬を申請する場合は事前に自治体に確認するようにしましょう。

  1. 移転先を確保し、現在のお墓のある市区町村(役所)から「改葬許可申請書」を取る。
  2. 移転先の墓地の管理者から「受入証明書」を発行してもらう。
  3. 現在のお墓の管理者から「埋蔵証明書」を発行してもらう。
  4. 現在のお墓のある市区町村(役所)に上記の「受入証明書」と「埋蔵証明書」を提出し「改葬許可」を申請。⇒「改葬許可証」を入手する。
  5. 現在のお墓の管理者に「改葬許可証」を提示しお骨を取り出す。(魂抜き=閉眼供養を行う)
  6. 移転先のお墓の管理者に「改葬許可証」を提出しお骨を納める。(魂入れ=開眼供養を行う)

「墓じまい・改葬」の費用 

(1)閉眼・開眼供養 (2)現在のお墓の撤去 (3)移転先の墓地使用料 (4)墓石の建立費用 等を合せると「数百万円程度」となる場合があります。
墓じまい・改葬(墓石の撤去や整地など)は以下のボタンよりお見積りができます。